So-net無料ブログ作成
球根類 ブログトップ

シラー・カンパニュラータ(ヒスパニカ) [球根類]

RIMG0013.jpg
'12/06 photo
学名      Hyacinthoides (Scilla)
分類      ヒヤシンス科 (ユリ科) ツルボ属
原産地     ヨーロッパ、アジア
開花期     5月下旬~6月
futabaline.giffutabaline.gif
秋植え春咲き球根。
シラー類は早春に咲く背の低いシベリカ種やビフォリア種のほか、”ツリガネスイセン”の和名がある最も一般的なカンパニュラータ種などがある。
草丈30~50cmで球根は約45日で充実し、放任しても自然と増える。
やや密植気味に群生させると見映えがする。
暑さに弱いので北海道向きの植物といえる。
シラー類は近年属名変更により分類が変更された。
ヒスパニカ種(旧カンパニュラータ種)、ノンスクリプタ種(イングリッシュ・ブルーベルなど)はヒアキントイデス属に、シベリカ種やビフォリア種等はもとのスキラ属に分類された。
hanapurple.gifもともとここの花壇にありました。
小さなベルが吊り下がったような花は可愛らしく、色も白、ピンク、ブルーとパステルカラーでとても好きな花です。
庭では日向でも日陰でもどこでも育っています。
数年は球根を動かさないほうが増えてきて見映えがします。
RIMG0011.jpgRIMG0149.jpg



共通テーマ:地域

スノーフレーク [球根類]

120527snowf.jpg
'12/05 photo
学名    Leucojum aestivum
分類    ユリ科
原産地   地中海沿岸
開花期   5月~6月
futabaline.giffutabaline.gif
スズランに似た花をつけるのでスズランスイセンの和名がある。
特に土質は選ばず日当たりのよい場所にまとめて植えると見映えがする。
花が終わっても葉は切らずに数年植えっぱなしで自然と増えていく。
hanapurple.gif
1列にして植えたり、丸くまとめて植え替えたりしているうちに少し減ったかもしれません。
手間いらずで可愛らしく咲いてくれるのでもう少し工夫して植えたいところです。
070520snowfl2.jpg120527snowf2.jpg
'07/05




共通テーマ:地域

スイセン [球根類]

120505sui2.jpg
学名       Narcissus
英名       daffodil
分類       ヒガンバナ科 スイセン属
原産地      地中海沿岸、北米など
開花期       4月~5月
futabaline.giffutabaline.gif
原種は約30種、現在は副冠、花被片、花数などによって11群とその他に分類されている。
極端な乾燥や滞水地でなければほぼどこでも植え替えなしで毎年咲く丈夫な花。
葉は枯れるまで切らない。
hanapurple.gif 春には土手にスイセンが咲き、庭や裏山にもあちこちと好きなところから顔を出します。
一般的なものから真っ白や八重など数種のスイセンは元々この庭にあったもので、新たに植えた品種は1種類です。これからも種類をふやして植えていきたい花です。
120505sui4.jpg120505suiw.jpg
八重咲き
120505suiyw.jpg120505suiww.jpg
120505suip.jpg



共通テーマ:地域

エゾエンゴサク [球根類]

1204ezoe.jpg
'12/04 photo
学名    Corydalis ambigua      
分類     ケシ科 キケマン属
開花期     4月末~5月
futabaline.giffutabaline.gif
北海道から東北にかけて早春の森、木漏れ日の当たるような場所に群生が見られる。
青紫から赤紫色の花が咲く。
環境によって変異が甚だしく葉の形、花の色、茎葉の毛状突起の有無などに違いが表れる。
本州にもミチノクエンゴサク、ヤマエンゴサクなどがあり、まれに花が白いシロエンゴサクもある。
エンゴサクはこの属につけられる漢方の”延胡索”に由来する。
hanapurple.gif裏山のエゾエンゴサクは数えられるほどしかありませんが毎年増えていくのが楽しみです。
花が終わって暑くなりだすと茎も葉もすっかり消えてしまう不思議な花です。
可憐な色といい本当に春の妖精というのにふさわしい花ですね。
1204ezoe3.jpg


共通テーマ:地域

スノードロップ [球根類]

120421snowdro.JPG
'12/04 photo
学名       Galanthus elwesii
分類       ヒガンバナ科 ガランサス属
開花期      4月
原産地      ヨーロッパ、コーカサス
futabaline.giffutabaline.gif
樹の下など半日陰で水はけのよいところが適している。
小さく目立たない花なので群生させると見映えがする。
hanapurple.gif雪がとけるとすぐに咲き出します。
鈴のように下がる小さな白い花は春の精のようです。
まだ数が少なくヒョロっとしているので群生させて元気に咲きそろうようにしていきたいです。
090405snowdro.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:地域

クロッカス [球根類]

120421crocus3.JPG
学名       Crocus L.
英名       crocus
分類       アヤメ科 クロッカス属
開花期     4月
原産地     地中海から小アジア
futabaline.giffutabaline.gif
秋植え球根。野放しで増え、毎年咲く。
春一番に北海道の庭をにぎやかにしてくれる小さな花。
色は白、黄、紫、縞目
hanapurple.gif 雪がとけるとすぐに母屋近くのガーデンを彩ってくれる花。
放りぱなしの球根ですが毎年ガーデン開始~の挨拶をしてくれるかわいい子たちです。
他の球根類は新種がぞくぞく出てくるのにクロッカスだけは昔のまんまですね。
120421crocus.JPG080406crocus.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:地域
球根類 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。