So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

バーベナ・ハスタータ [宿根草(多年草)ハ行]

120728verbena2.jpg
'12/07
学名      Verbena hastata
分類      クマツヅラ科 バーベナ(クマツヅラ)属
原産地     米国東部   
開花期     7~9月
futabaline.giffutabaline.gif
バーベナには背の低い品種ホルテンシスなどや立性のリギタ、ボナリエンシス(サンジャクバーベナ)などがある。
多くは非耐寒性だが宿根草として流通しているのもあり、またこぼれ種で増え続けることもある。
ハスタータは寒さに強い品種で丈夫。
草丈は1m以上になることもあり、また横にも広がるのである程度広さが必要。
日当たりと水はけのよいところを好む。
hanagreen.gif植えつけた年から旺盛に広がったのであわてて広い場所に移植しました。
切り戻すと何度も咲くので長い期間楽しめます。
穂先に小さな花をつけて広がるのでインパクトの強い花の背景に合うと思います。
120728verbena.jpg
”ホワイトスピアーズ”
120716verbhas.jpg
”バーベインブルー”

ポテンティラ [宿根草(多年草)ハ行]

120616potenf.jpg
'12/06
学名      Potentilla       
分類      バラ科 ポテンティラ(キジムシロ)属
原産地     北米、中央アジア
開花期     6~8月
futabaline.giffutabaline.gif
イチゴに似た葉で多くの花をつける。
背丈は30~50cmくらいで這性の種類もある。
排水性と日当たりの良いところであれば特に場所は選ばない。
花が終わり葉が混んできたらざっくり切り戻し風通しをよくする。
耐寒性は強いが加湿と多肥に注意する。
hanagreen.gifとても丈夫で比較的長命です。
花も赤や濃いピンク、黄色と強い色だけど小さく咲くので印象はおとなしいです。
花壇の中では肥料が効きすぎるかもしれないので実験的に一部を砂利の荒地に移植してみようかと考え中です。
080619poten.jpg120614potenr.jpg
”ミス・ウィルモット”

120616potenf.jpg
”フィレナイカ”

120825poten.jpg
這性の”ロン・マクベス”

フロックス パニキュラータ [宿根草(多年草)ハ行]

110818phlox.jpg
'11/08  奥 ”ブライトアイズ”  手前  不明
学名     Phlox paniculata
分類     ハナシノブ科 フロックス属 
原産地    北米
開花期    7~8月
futabaline.giffutabaline.gif
フロックスには高性のパニキュラータ種やマクラータ種とほふく性のディバリカータ種などがある。
パニキュラータ種は高さ1m弱で花を次々つけて真夏の庭を華やかに彩る。
排水性と日当たりがよければ土はあまり選ばず、野生化したものもよく見かける。
和名は”クサキョウチクトウ””オイランソウ”
お盆の頃に咲くので”盆花”とも呼ばれる。
うどんこ病に注意する。
hanagreen.gif昔はどこの家の庭にも野生化してありました。
花を吸うと甘かったのを覚えています。
今ではオシャレな園芸種も豊富に出回っています。
110911phlox.jpg
'11/09 ”ダーウィンズジョイス”
120729tyo.jpg
'12/07 ”ジュニオールブーケット”                
110703phlox.jpg120728floxdote.jpg
'11/07 ”フジヤマ”                          土手で野生化したもの
   

リンダキャンベル (HRg) [バラ]

120720linda.jpg
'12/07
リンダキャンベル  LindaCampbell
分類    ハイブリットルゴサローズ  繰り返し咲き
形状    150cm 中輪房咲き 赤 
作出    1990年 アメリカ Moore
Anytime(Min) x Rugosa Magnifica(HRg)
futabaline.giffutabaline.gif
濃赤の房咲きがたわわにつき、夏中切れることなく咲く。
花持ちが非常によく、深い緑とのコントラスを楽しめる。
大型のシュラブ樹形に育つのでツルバラとしても利用できる。
強健種。
hanapink.gif一房に何個も咲くので重くなり垂れ下がってしまうこともあるので適当に花をすかします。
花持ちがよいので咲いてすぐ花びらが散るようなことはない。
若い花芽にアブラムシがつきやすいので注意する。
120812linda.jpg
120630linda.jpg




マリーパビィエ  (Pol) [バラ]

120728mpv.jpg
'12/07
マリーパビィエ Marie Pavie

分類     ポリアンサローズ (Old) 四季咲き
形態     60~80cm  小輪 薄いピンク 香     
作出     1888年 フランス Allegatiere
futabaline.giffutabaline.gif
コンパクトだが香り高い花を、年中無数に咲かせる。
病気に強く育てやすい強権種。
イングリッシュローズ特有のミルラの香りを有する。
hanapink.gif一度病気にかかり元気がなくなったときもありましたが現在は持ち直して多くの花をつけています。
咲き始めが薄いピンクでとても可愛らしく、開くと白い柔らかい花びらが重なって咲きます。
日陰でもよく咲きます。やさしい香りがとても好きです。
120728mpv2.jpg
110929mpv.jpg

キキョウ [宿根草(多年草)カ行]

120728kikyo3.jpg
'12/07
学名       Platycodon grandiflorus
分類       キキョウ科 プラティコドン(キキョウ)属
原産地      日本、中国、朝鮮半島
開花期      7~8月
futabaline.giffutabaline.gif
秋の七草の1つだが、園芸種の開花はやや早く夏に咲く。
風船のような袋状の蕾が開くと五弁の盃のような花が咲く。
土壌は特に選ばない。
一重咲きのほか二重咲きもある。
hanagreen.gif紫や白のほか薄いピンクラベンダー色のものなどまとめて植えています。
高さがまちまちなので植える場所を再考中です。
最近は同じキキョウ科のカンパニュラも種類が多く出ているので”和”のイメージがなくなってきましたね。
120802kikyo.jpg080810kikyo2.jpg
120728kikyo.jpg110807kikyo.jpg
白の中に咲き分け種の変種?                      二重咲き

エキノプス (ルリタマアザミ) [宿根草(多年草)ア行]

120811ruri2.jpg
'12/08
学名      Echinops ritro
分類      キク科 エキノプス属
原産地     ヨーロッパ南部、西アジア
開花期     7月~9月
futabaline.giffutabaline.gif
丸いトゲトゲの形がユニークな花。
葉はアザミに似ており、根は深く直根性。
乾いた土壌を好み、高温加湿が続くと立ち枯れ病にかかりやすい。
”エキノプス”とはギリシア語の”ハリネズミに似る”という意味に由来する。
hanagreen.gif夏がくると咲くのが待ち遠しい花です。
上の方から花が開く姿が可愛らしく、咲き始めのシルバーがかった紫がシックで素敵です。
庭には白色のもあります。
120802ruri.jpg
120701echino.jpg120812sirotama.jpg
'12/07

ザ・フェアリー  (Pol) [バラ]

110929fairy.jpg
'11/09
ザ・フェアリー   The Fairy
分類     ポリアンサローズ  繰り返し咲き
形態     高さ 約80cm   小輪房咲き  薄いピンク
作出     1932年 イギリス Bentall
        Paul Crampel (Pol) x Lady Gay (HWich)
futabaline.giffutabaline.gif
薄いピンクの小輪が房咲きになり、絶えることなく繰り返し咲く。
横は約1m位の範囲に落ち着くのでコンテナでもOK。
病害虫には強く、耐寒性にもすぐれているので北国では扱いやすい品種。
hanapink.gif開花時期が他のバラに比べると少し遅いですが秋遅くまで絶えず花を咲かせています。
枝が込み、花も多くなってくると風通しが悪くなるのでこまめに整理しています。
強健なので手間がかかりませんが枝が細くてとげが鋭い事だけが難点です。
120715fairy3.jpg120715fairy2.jpg
'12/07

アキレア (セイヨウノコギリソウ) [宿根草(多年草)ア行]

110716achillea.JPG
'11/07 ”ライラックビューティー”
学名         Achillea millefolium
分類          キク科 ノコギリソウ(アキレア)属
原産地        北半球 温帯~寒帯
開花期        6~8月
futabaline.giffutabaline.gif
シダのような切り込んだ細い葉で小さな花が集まって咲く。
背丈は80cm前後で群生させるとナチュラルな感じが出る。
色は白、黄色、ピンク、赤と豊富で野生種は白が多い。
暑さ、寒さに強く、やせ地や乾燥地でも大丈夫だが加湿や蒸れには弱い。
英名の”ヤロウ”で呼ばれることもあり、ハーブとしても使われる。
傷薬として生薬を止血剤として利用したり、柔らかい若葉お茶血行促進によいといわれている。
hanagreen.gifこぼれ種でも増えるのか庭のあちこちにあります。
花壇の中に植えると地下茎が伸びてきて切らなければなりません。
背景に群生させるといいと思い移植をしましたが日陰や風当たりの強いところは倒れたりしてきれいに咲きません。
適正な場所をいまだ考慮中です。
120728achillea.jpg080615achillea.jpg
120716akilea.jpg080630achillea.jpg
                                    ”アンセア”(黄)


ニューウェーブ  (HT) [バラ]

120701nw.jpg
'12/07
ニューウェーブ Newwave
分類     ハイブリットティーローズ  四季咲き
形態     高さ0.8~1.5m 中輪 淡紫色
作出     2000年 寺西菊雄
futabaline.giffutabaline.gif
淡い青みがかったピンク色で柔らかい波(ウェーブ)がかかった花弁が重なる。
ほのかな香りがあり和風の感じもする控えめなバラ。
切り花は”フォルム”という名前で流通している。
hanapink.gifバラを植え始めた頃に購入したので古株のバラです。
一度消えそうになりましたがなんとか復活しました。
庭の中で一番好きなバラです。
080713nwave.jpg
'08/07
120701nw3.jpg
'12/07

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。